So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

嘘は泥棒の始まり [◆徒然なるままに 「自分らしく生きる」]

 「嘘つきは泥棒の始まり」と言いますが、平気で嘘をつける人は当然ながら良くないですね。嘘をつくことは相手を傷つけることにもなりますし、何より自分に対して申し訳が立ちません。

 生きていく上で嘘をつく人は、人から本当の感謝を受けることはありません。偽りの感謝しか受けることが出来ません。ですから、相手に嘘をついているのですが、自分も嘘をつかれていることになります。だから嘘つくことは誰のためにもならず、最悪の結果にもつながりますから、“絶対に無し”です。

 ただし、ここで言う嘘の意味は自分のために、私利私欲のためにつくものです。時と場合によって「嘘も方便」となることもあります。

 それでは、嘘をつかないためにはどうすればいいかというと、嘘をつく必要が無ければいいのです。嘘をつく必要が無い人は悪人でない人です。悪人でなければ嘘をつく必要はありません。

 私は悪人でない人は嘘をつく必要がないし、隠し事をする必要はないと思うのです。「あなたは悪人ではありません。だから嘘をつく必要はありません。」人間、正直に生きたいものです。

 でも注意したいことは、親や指導者の言葉です。子が善人で嘘をつきたくなくても、分かってもらえず人格を否定されるような時、親が褒めたりご褒美を与えるしつけをしている時、結果で全てを判断する方針であったりすると、どうしても嘘が必要になってしまう事があります。(※褒めることは良い事とは限りません!)

個人塾ブーム到来!? [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 先日、全日私塾教育ネットワークの役員会に出席した。その中で近況報告を各先生が述べた。

 参加者の先生はすべて個人塾で塾生数が、およそ50名~300名の先生方だと思う。共通して言えることは、本当に良く頑張っていること。

 しかし、大手やFCの新聞折り込みやTVCMに圧倒され、我々中小塾は塾選びの際も蚊帳の外。新年度と言うのに新聞折り込みをしたのはその日集まった塾の3分の1程度。チラシを新聞折り込みすることは中小塾にとって大きな経費の負担である。しかも反応が全くないので、新聞折り込みをやる意味が無いという考えになってしまう。

 又、大手やFCの無料体験攻勢。中小塾は無料体験を行うほど体力が無い。圧倒的な宣伝力と無料体験とキャッチコピーに引かれて子供たちは、名の知れた学習塾に流れていく。中小塾は真綿で首を絞められるがごとく無くなっていく。すると大手やFCの独占状態となっていく。

 しかし、中小の個人塾の塾長さんたちの能力は非常に高く、話を聞いていて勉強になる。個人塾が激減している中で継続している塾の塾長さんたちだからこそ、なおさら人間的にも魅力があり、指導力も高い人が多い。しかも真剣に子供達と向き合う姿勢には頭が下がる。

 1人の塾生の合否や成長を心底喜び、お金を儲けようというよりも、子供たちの成長する姿を楽しみ共に歩み我が子のように育てていく話を聞かされると、塾の原点は個人塾にあると思わざるを得ない。

 個人塾が無くなってしまうと、学習塾はただ勉強を教えて、成績を上げて、志望校に合格させるだけの機関になってしまう気がする。そんな無機質な作業で本当に子供たちは幸せになるのだろうか?幸せって勉強ができることですか、成績が良いことですか、有名校に合格することですか。私は幸せはそのために頑張った充実感と試練を乗り越えた人間的成長にあると思う。個人塾の先生たちの話を聞いていると、それができるのが個人塾であると確信する。

今から、個人塾ブームが起きていい。いや起きないと日本はダメになる。

“行かなくても卒業できる!”中学生の不登校④ [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

我々が本人や保護者様と面談を繰り返したり、学習指導をする。その中で変化を生み出すこと。そのような活動は「不登校」を減らすことにはなりますが、「不登校」の根本的な解決にはなりません。「不登校」をなくすことをしない限り解決しないのが「不登校」の問題です。

「不登校」になることは仕方がないとか、「不登校」の子が何人か出てしまう事は当然であると考えていては解決できません。

「不登校」の根絶のために策を講じなければならないのは、たとえ1000人に1人しか「不登校」がいないとしても、その子や保護者様からしてみれば、そのことは人生の一大事であるからです。多くの保護者様と話をしていると、みなさん大変なご苦労をしています。あの涙を見てしまうと、絶対に何とかしなければいけないと思うのです。しかし、忘れてはいけないことは、一番辛いのは本人であることです。

とにかく、「不登校」にしないこと、「不登校」になってしまったら学校に復帰させることが絶対です。1人でも疎かに考えてはいけないのです。

無理だと思わずに、根気強くこれからも対処していきたいです。

“行かなくても卒業できる!”中学生の不登校③ [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 以前から、小中学校との情報共有をして協力していくことができないかと考えています。学校の先生でなければわからない事も有りますし、我々の方が知っていることも有ります。

 今でこそ小中一貫の品川区立の学校は、最長9年間その子と付き合うことになりますが、我々地元密着の個人塾も当然付き合いは長くなります。保護者様との付き合いも20年近い方も何人かいますし、小中高と通塾している子は10年近く面倒を見させてもらっている子もおります。学校より少人数で、来るたびに会話をしているわけですから、学力も性格も癖もわかってきます。顔を見ればだいたい言いたいことがわかってきます。良く会話をしてその子の事を知っている大人(ここでは学校も学習塾も近所の方も含まれます)達が、情報を交換し原因を究明し、互いに役割分担をしながら解決にあたることができるのではないかと考えます。

 学校に行っていて学習塾にも通う子、学校に行っていて学習塾に通わない子は「不登校」とは言いません。学校に行かないで学習塾に通う子、学校に行かないで学習塾にも通わない子を「不登校」と言います。そこで、段階としては①学習塾に通う、②学校に通うということになります。

 学習塾には通う子が学校にも通うようになるのは、学習の不安が無くなるということ、そして学習塾には自分の居場所がある(先生たちが歓迎・話を聞いてあげる)ということ、少人数なので他の子供達との連携が取りやすく雰囲気作りが容易であることなどがあります。そこから、家庭との連携で学校へ通うようになったり、進学したりという変化が起きます。

 ですから、学校が学校に来るように仕向けるより、まず学習塾へ通えること、外に出られること、そして人と会話をすることをまずやっていくことが「不登校」からの変化の糸口ではないかと思います。

だからこそ、学校と学習塾と家庭の連携が必要であると思いますし、これはすぐに始めることができることです。子供たちの未来、人ひとりの人生、家庭の幸せがかかっていることです。そのような仕組みづくりをやっていきたいと考えています。そして、一人でも多くの人の役に立ちたいです。



自分を変える [◆徒然なるままに 「自分らしく生きる」]

自分を変えるには

自分を変えるには“全否定”することです。“全否定”と言っても自分自身を否定することではありません。自分を受け入れない事でもありません。ネガティブな考えになる事でもありません。

むしろ、“全否定”というのは、自分自身を認めて、自分を受け入れ、ポジティブな発想をしていくことです。

長い時間勉強しても、たくさんの量を勉強しても、成績も上がらないし学力もつかないという人がいると思います。勉強だけではなく仕事でも、長い時間働いても、たくさんの仕事量をこなしても、うまくいかないのは同じです。どんなことでも同じことが言えます。


では、どうしたら変えることができるのでしょう。


たとえば、学校の成績を上げようと、学校の授業でやったところで、わからなかったところを家庭で学習する。ところが成績は伸びない。自分で解決できなくなり親が教え始めるが伸びない。そこで、やり方を変えようと学習塾に通い、自分ではどうしても解決できなかったところを、教えてもらうことにします。さて、それで成績は伸びるでしょうか?

私は伸びないと思います。ただし、勉強に関しては多くの要素が関わります。「わからない」の質と量と教科と単元と考え方、ノートの書き方、話の聞き方、そしていつからわからなくなったか等が1人ひとり異なるので、絶対とは言えませんが、伸びないと思います。


変えるためには、今までやってきたことを止めて、新しいことをやる事です。一見、親が教え始めたり、家庭教師を付けたり、学習塾に通わせたりすると、新しいことを始めたように見えますが、「わからなかったところをやる」ということには変わりがありません。伸びる可能性があるならば、自分より親、親より学習塾の先生の方が問題を解くことができるという理由だけです。でも、最初に20点ほど点数が上がってその後は平行線か下降線でしょう。なぜなら、学習法が変わっていないからです。

このケースでは、今までやってきた“うまくいかなかった方法”を強化しているだけです。だから変わることはありません。


他の例では、暗記型の学習法をしている人は明らかです。中1では暗記で十分点数が取れた。下手をすると試験前に少し覚えれば見た目は悪くない点数が取れた。ところが中2、そして中3となってくると、難しく勉強(暗記)しなければいけない量も増えてくる。でもやり方を変えないで、それを続ける。しかし暗記なので、全部暗記できなかったり、暗記なので忘れてしまったり、暗記なので実は同じ問題でも言い回しが少し違うだけで別の問題に見えてしまうことがあります。それらは“うまくいかなかった方法”、ここでは暗記を強化しているだけなのです。暗記型試験のセンター試験が廃止になり、新しい試験が導入されます。それは、暗記ではなく思考力を問われる試験なのです。このまま、暗記型の勉強で学校の試験、高校への進学と進級はごまかせても、大学受験はどうにもならないことが目に見えています。


先生の授業でも同じです。「生徒がうるさくて大変でした。」という話があります。その対処方法として先生に聞くと「大きな声で話してみました。」と言います。そしてそれを試した結果静かになりません。ではどうしますか?と尋ねると「もっと大きな声で話します。」と言い試します。勿論その結果は、初めよりむしろうるさくなったそうです。同様に生徒がうるさいことに対して「注意をする。」うまくいかないから「もっと注意をする。」・・・うまくいくわけがありません。“うまくいかなかった方法”を強化しているだけですから。


自分を変えるためには、後少し頑張ろうでは変えることはできません。今の自分を「100」とした時、いくつになれば変わったと言えるのでしょうか?「101」ですか、「110」てすか?頑張れば「120」位まで行けるかもしれません。しかし、「200」にしようとすると、頑張っても無理です。

なぜなら、「100」から「120」にする場合、「100」は同じであり「20」増やすことになり、今の自分を肯定した上に成り立っている数字ですが、「200」にしようとすると、半分はだけしか今の自分がないからです。今の自分を否定していかないと難しい数字になってきます。

本当に自分を変えるなら「100」を「10000」にすると考えると良いでしょう。つまり、100倍にするということです。そうすると、今の自分は100分の1しかありません。99が新しい自分です。それが“全否定”なのです。


自分を客観的に見て、大きな夢を描き、常に目的を持ち、今の自分を“全否定”して前に進むことで人は変わっていけるはずです。

言い訳は成長の敵 [◆徒然なるままに 「自分らしく生きる」]

 以前、塾生でお父さんに「だって・・・」と言った瞬間にぶたれるという子がいました。みんなに「だって・・・バシッン」と言われていました。お父さんは言い訳を許さない方だったのです。言い訳をさせないためにぶっていたわけですが、ぶつこと以外に方法は無いのでしょうか。

 言い訳をする子に共通していることがあります。それは、親が子供を許さないと言う事です。「どうしてこんな事をしたの!」と言って叱るのですが、全然話を聞いてあげない。そして、口うるさく何度も注意して愚痴を言う。子供は何とか叱られないために、言い訳をするしかありません。

 ですから、言い訳をしない子に育てるためには、子供を許すことです。そのためにはまず、子供と子供の行動を分けて考えることです。子供への言葉がYOUメッセージとなり、子供自身を責めるようにならないことです。問題なのは子供ではなく子供の行動や言動なのです。

 もう一つは親自身が自分の事を許すことです。親が叱る原因として「私が納得できない」があります。親が自分自身と子供を重ねあわせて自分の事のように思ったり、自分の価値観を子供に押し付けてしまう事もあります。親子でも別の人間であるということを忘れてはいけません。

 だから、自分自身を許すのです。自分を許せなければ子供を許すことはできません。自分を許せれば子供を許し子供を理解しようとする。つまり話を聞いてあげることに繋がります。本当に子どもを信頼しているのなら「何やってんの!」ではなく「どうしたの?」になります。その時に聞くことは言い訳ではなく理由です。

 もし、言い訳になっていても、「そうなんだ」、「たいへんだったね」と聞いてあげるしかありません。言いたい事がある場合は、アイメッセージを使うことでコミュニケーションを取ることができます。

前の6件 | -