So-net無料ブログ作成
検索選択

中高入試直前!「学校を休む受験生」 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 さて、1月22日から私立高校の推薦入試から始まり都立高校の推薦入試、そして2月1日から私立中受験が始まります。高校の一般入試は私立高校が2月10日から、さらに都立高校は2月24日が受験日です。

 毎年思うことですが、入試が近くなると、あるいは入試前日に学校を休む小中学生がいます。先日、芸能活動のために学校に行かせなかった親がいましたが、学校に行かないということではこれと同じではないでしょうか?受験校が自宅から遠いとか、体調が芳しくないなど何らかの事情がある場合を除いて、入試が近いという理由での欠席には私は賛成できません。

① 試験日は前から決まっているもの、その決まっている試験に合わせて学習をしているはず。勉強が間に合わないから学校を休んで勉強するということは無計画すぎる。つまり自分の責任である。その自分の責任を「学校を休む」という形で、別のモノに取らせてはいけない。自分で責任を取るべき。

② 間際に休むということは、心のゆとりがない証拠。学力があっても当日、気持ちで負けてしまう可能性がある。学校にきちんと行って、「なるようになるさ」くらいの子の方が力を発揮することができる。

③ 受験をすることは本人の希望である。特に中学受験はしなくても中学生にはなれるので、100%本人の意思である。入試当日は学校を欠席することは仕方のないことであるが、自分の都合での受験で当日以外も欠席すること、欠席させることは、あまりにも我儘すぎる。自分勝手すぎると私は思う。高校受験では受験をしないと進学ができないので、これも入試当日の欠席は仕方がない。しかし、中学校を何日も前から欠席することはいかがなものか。中学校の先生方は全員高校に合格させようと、一生懸命指導しているはずである。忙しい中生徒のために準備をして授業に備えているはずである。それで生徒が欠席となったら先生もつらく悲しいのではないか。高校受験は受験のための授業をしていない中学校受験と比べて、まったく休む理由はないはずである。

 いぶき学院の塾生は学校を休まないように指導している。学習塾の中には学校を休ませて勉強をさせているところがあると聞いたことがあるが、「それはやめましょうよ!」と言いたい。学校へ行くことも受験勉強(将来のためになる)ではないですか。

 何のための受験で、何のための合格なんですか。子供たちの未来のための受験であり合格であるはずです。それが、学習塾のための(進学実績のための)合格にすり替わっていませんか。「いや、純粋に子供たちに合格させて開けたいんだ」と言う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分の都合で本来行くべき学校へ行かないことや、みんなでやっていることをしないことは、ただの我儘でしかありません。「無理が通れば道理引っ込む」小中学生の時にそんな経験をさせてしまって、未来の幸せがあるのでしょうか。そして、そんな子供たちが一流?と言われている学校に合格して、将来日本にとって大切な仕事を担うことになったとしたら、こんなに怖いことはありません。そんな日本を私は創りたくありません。

 目の前の合格が欲しい学習塾関係者、そして保護者の皆様。本当に大切なのは、目の前の合格ですか、人間性ですか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。