So-net無料ブログ作成
検索選択

“受験結果”で未来は決まらない [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 私立中に合格!  高校に合格!  大学に合格!  採用試験に合格!

 合格しても将来が約束されることはありません。頑張って合格した学校も卒業できるかどうか分かりません。そして4年制大学を卒業しても正社員になれる人は約半分。就職しても3年以内に3分の1程度は辞めて行く。もちろん一流企業でもいつどうなるか分からない時代。その傾向は益々強くなっています。
 
 “合格”は誰でも嬉しい事ですが、「勝って兜の緒を締めよ」が大切です。又、逆にそういう世の中だからこそ合格できなくても、逃げ出さず諦めなければ必ず夢は叶うのです。
 
 1月23日、大相撲で稀勢の里の横綱昇進が決まりました。横綱になるチャンスを何度も逃してきた稀勢の里は「腐らず我慢してきてよかった」と言っています。

 受験の結果では未来は決まりません。人を成長させるのは受験前、勝負は受験後です。受験はあくまでも通過点であり、その結果の受け止め方で未来が変わります。

 又、受験の結果は誰もわかりませんし、誰も覆すことはできません。ですから結果は受け入れるしかないのです。

 受験後に自分自身を見失わずに自己成長を遂げるため、まず受験前にどれだけ自分を鍛えられるかがポイントです。

 あなたの未来のためにあなたができることは、「精一杯やること」、「結果を受け入れること」、「一歩前に進むこと」なのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。