So-net無料ブログ作成
検索選択

自分に合う学校はない!? [◆徒然なるままに 「自分らしく生きる」]

 以前こんなことを書いたことがある・・・
 「A高校に行きたいんだけれど、あの高校は挨拶ができていないと思った。だから悩んでいるんだ。」というB子さんに「だったら入ってからB子が、『挨拶をする学校』に変えればいいんだよ。」と話したら、B子さんはA高校を受験して“合格”。
そして、生徒会長になって『挨拶をする学校』にした。


 私の同級生が高校を転校して行った、剣道をやっていたM子は転校先の高校に剣道部が無かったので、高校2年生の時に自ら剣道部を設立。そして1年間で県で上位のレベルに引き上げた。ちなみに彼女は高卒後東京に出てきて大活躍をしている。

 自分が好きで入った学校でも何かがおかしい、何かが違う。そう、自分に完璧に合う学校は存在しないのだ。すごく気に入った学校でも、多少嫌なところは出てくる。それを、学校や先生のせいにしたり、「学校が合わない」、「第一志望でなかった」と言い訳をしても何もいいことはない。逃げずに前を向くしかないのだ。

 どんな学校に入っても楽しいことばかりあるわけではない。だから嫌なことを受け入れ我慢することも必要になる。さらに自分のために、学校のために、友達のために学校を変えることは有りだと思う。そして、それは可能な事である。そんなことができたなら、その学校があなたにとってベストの学校となる。

 「進学した学校があなたにとって一番いい学校である」ということを肝に銘じて欲しい。

 今の社会にしても、会社に生活の面倒を見てもらう時代ではない。会社の面倒を見る時代だ。「自分が変えていく!」という気概を持って生きていけば、どんな学校でも職場でもやりがいを持ってやっていけると思う。

 みんながそんな気持ちを持っていけば、世の中もより良く変えていけるのではないだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。