So-net無料ブログ作成
検索選択

言い訳は成長の敵 [◆徒然なるままに 「自分らしく生きる」]

 以前、塾生でお父さんに「だって・・・」と言った瞬間にぶたれるという子がいました。みんなに「だって・・・バシッン」と言われていました。お父さんは言い訳を許さない方だったのです。言い訳をさせないためにぶっていたわけですが、ぶつこと以外に方法は無いのでしょうか。

 言い訳をする子に共通していることがあります。それは、親が子供を許さないと言う事です。「どうしてこんな事をしたの!」と言って叱るのですが、全然話を聞いてあげない。そして、口うるさく何度も注意して愚痴を言う。子供は何とか叱られないために、言い訳をするしかありません。

 ですから、言い訳をしない子に育てるためには、子供を許すことです。そのためにはまず、子供と子供の行動を分けて考えることです。子供への言葉がYOUメッセージとなり、子供自身を責めるようにならないことです。問題なのは子供ではなく子供の行動や言動なのです。

 もう一つは親自身が自分の事を許すことです。親が叱る原因として「私が納得できない」があります。親が自分自身と子供を重ねあわせて自分の事のように思ったり、自分の価値観を子供に押し付けてしまう事もあります。親子でも別の人間であるということを忘れてはいけません。

 だから、自分自身を許すのです。自分を許せなければ子供を許すことはできません。自分を許せれば子供を許し子供を理解しようとする。つまり話を聞いてあげることに繋がります。本当に子どもを信頼しているのなら「何やってんの!」ではなく「どうしたの?」になります。その時に聞くことは言い訳ではなく理由です。

 もし、言い訳になっていても、「そうなんだ」、「たいへんだったね」と聞いてあげるしかありません。言いたい事がある場合は、アイメッセージを使うことでコミュニケーションを取ることができます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。