So-net無料ブログ作成
検索選択

“行かなくても卒業できる!”中学生の不登校④ [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

我々が本人や保護者様と面談を繰り返したり、学習指導をする。その中で変化を生み出すこと。そのような活動は「不登校」を減らすことにはなりますが、「不登校」の根本的な解決にはなりません。「不登校」をなくすことをしない限り解決しないのが「不登校」の問題です。

「不登校」になることは仕方がないとか、「不登校」の子が何人か出てしまう事は当然であると考えていては解決できません。

「不登校」の根絶のために策を講じなければならないのは、たとえ1000人に1人しか「不登校」がいないとしても、その子や保護者様からしてみれば、そのことは人生の一大事であるからです。多くの保護者様と話をしていると、みなさん大変なご苦労をしています。あの涙を見てしまうと、絶対に何とかしなければいけないと思うのです。しかし、忘れてはいけないことは、一番辛いのは本人であることです。

とにかく、「不登校」にしないこと、「不登校」になってしまったら学校に復帰させることが絶対です。1人でも疎かに考えてはいけないのです。

無理だと思わずに、根気強くこれからも対処していきたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0