So-net無料ブログ作成

スポーツと受験 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 テニスの錦織選手、ゴルフの松山選手、大相撲の豪栄道、スケートの羽生選手もSPで世界最高を出したのに準優勝・・・。みんな優勝に手が届くところまで行って、あと一歩届かず。スポーツ好きの私としては残念でなりません。
 
 優勝した選手とどこが違うのか、技術的な面に大きな差はありません。運もあるでしょうが、「運も実力のうち」。差があるとしたら精神力ということになるのでしょうか?

 私の場合、結果が悪かった場合、思い通りの試合ができない場合のほとんどは「負けたらどうしよう」、「うまくいかなかったらどうしよう」と結果ばかり気にしてヒビっていた運動選手でした。そして「思いっきりやれば良かった」とよく思ったものです。

 野球をやっていた子が学生時代試合で「チャンスに打順が回ってくるな」と思っていて、回ってくると打てなかった。ところがお隣成り、草野球を楽しみでやるようになって「チャンスに打順が回ってこい」と思ってい回ってくると打てたという話があります。チャンスでの打順を、失敗したらどうしようと考え“ピンチ”と考えるか、おもっきり打ってやろう(打てなくても構わない、打てればヒーロー)と考え“チャンス”と考えるかの違いだと言っています。

 勝ちを意識したり、失敗を気にして結果が出ない。いや、納得のできる試合(ゲーム・試験)ができない。大相撲の嘉風は初日から4連敗しながら、結果よりも内容を重視した取り口でその後8連勝。そして技能賞を受賞しました。

 「強い人が勝つのではなく、勝つ人が強い」と言いますが、受験でも、勉強ができる人が合格できるわけではありません。学習量と努力に裏付けされた学力と自信が、最後に結果を出すのではないでしょうか。

 そして、受験は“チャンス”であることを忘れてはいけません。結果を恐れず力をで仕切ることだけです。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。