So-net無料ブログ作成

都立高校推薦入試 「全員合格するぞ!」 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 都立高校の推薦入試

 先日の日曜日に、都立推薦入試を受ける生徒8人で、個人面接と集団討論の練習をした。

 都立の推薦入試の危険性(注意事項)を確認した上で「推薦入試受ける」と決断した者たちだ。

 約6時間彼らは一生懸命に、聞き、考え、伝えることを一生懸命にやり抜いた。

 面接練習もやるたびに改善されていく。4人ごとのグループに分けて、1人の面接を他の3人が聞いて、終了後に見学者の3人が面接練習をした者にアドバイス(感想、意見)をした。どこの高校を受験するかも全員が発表して知っている中で行った。全てオープンで、互いに高め合う研修の場であった。

 集団討論は6人でグループをつくり、2人が試験管のつもりで聞いていて終了後に総評を言う。参加していなくても一生懸命に討論を聞きアドバイスをしていた。

 もちろん、私もアドバイスをして色々なケースの討論を行った。

 6時間経過して練習が終わった時、8人に絆みたいなものを感じた。5中学校で男女混合、いぶきで一緒に授業を受けていても話をしたことがない者もいたと思う。その8人が見事につながった。8人の一体感を感じた。1つのチームとなり全員で1つの目標に向けて頑張った後の心地良さがそこにはあった。

 「大人になったなぁ」という喜びと、「成長したなぁ」という嬉しさと、「やってよかったなぁ」と言う充実感があった。塾の先生をやっていて良かったと感じる瞬間であり「幸せだなぁ」と私は思った。

 全員が「合格したい」と思い、必死に頑張る姿を見ると全員合格する権利があると私は思う。

 ただ、残念ながら割合的には、8人中合格は2人か3人だ。もちろん全員合格できるかもしれないが、そうならない事もある。

 「この中で合格者と不合格者がでることがある。不合格した者は、合格者に『おめでとう』と言おう。不合格しても絶対に一般受験で合格するから心配ない。合格した者は“応援団”になろう。そして、全員合格しよう。」

 少なくとも、この日で8人はちょっぴり成長したと確信した。

 「推薦で全員合格するぞ!そして、一般受験の仲間の“応援団”になるぞ!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。