So-net無料ブログ作成

全員、金メダル! [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 「こんな勉強をしても大人になって使わない」と言う人がいるが、そもそも学校の勉強は大人になって使うためにやるのではない。勉強をする事や勉強を頑張る事に意義がある。それにより人間力を高められるからだ。そして、直接的に使わない勉強でも、そこからの気づきや発見が将来役に立つのだ。

だから、良い点数を取る事や合格することは二の次だ。私は学習塾を経営しているが、それらを最も大切な事とは思っていない。

 学校の成績は現在、“絶対評価”あるが全員5を付くことも、全員1が付くこともない。“相対評価”に近い“絶対評価”と言えるのではないか。中高大の受験は他の人たちとの競争であり、定員がある以上、得点が高いということで全員合格と言う事にはならない。学校の成績も志望校合格も相手に対しての自分の評価で結果が出る“相対評価”と言える。

 だからこそ、良い成績や高得点を取ることが大切かもしれないが、逆に全員が良い成績で高得点でも、受験ならば誰かが必ず不合格となる。したがって本当に大切な事は、そこではないと思う。

 ピョンチャンオリンピックでも色々と考えさせられた。4年間厳しいトレーニングと練習を積んで本番を迎え、会心のレースをしても金メダルを取れるとは限らない。その舞台に立つまでの過程とその舞台でそれを出し切る事が大切ではないか。最善を尽くした結果は受け入れるしかない。

 小平奈緒選手がスピードスケート500mで金メダルを取ったが、レース直後「これで負けたら仕方がない」と思ったそうな。悔いのない努力、悔いのないレースがあったからこそ、そう思えたのではないか。たとえ、金メダルを取れなかったとしても、彼女がしてきたこと、彼女かやったことに対して誰も「意味がない」と言えない。アスリートとして、一人の人間として素晴らしい。

 相手の結果に対しての自分の結果で順位が付く“相対評価”がオリンピックかもしれない。しかし自分自身を高めて自分自身に打ち勝つという“絶対評価”は存在するはずだ。“相対評価”では金メダルは1人だけかもしれないが、“絶対評価”なら全員金メダルも可能だ。

 そのための目標が良い成績と高得点、そして志望校合格であると思う。それを目指して頑張ることで子供たちは成長していく。自己ベストを尽くし、自己ベストを出して全員金メダルだ。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。