So-net無料ブログ作成

何度言ってもできない子② [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

何度言ってもできない子に対しては、まずできない理由を見つけ出すことが必要です。

自分自身で考え理解しようとしている子には、1つの事を色々な切り口から話をしていきます。それは、できない理由が、やる気が無いことや教えてもらおう(考えない)という理由ではないからです。

切り口を変えるというのは、身近な事から考えさせたり、具体例を挙げたり、図や表を書いたり、前の単元や基本に戻るということも有ります。

それに対して、自分自身で考えず教えてもらおうという子は厄介です。それは、教えるとその場ではできてしまうからです。できてしまうということは、指導する人間が本当は解っていないことに気づかないこと起きます。したがって、指導者は本当に分かっているかどうかをチェックすることが重要です。同じ問題をやらせても出来てしまうので意味がないので、少しだけ異なる問題をやらせたり、理由を聞いたりすることでチェックをします。

このような子は「できれば良い」、「答が合っていればいい」、「やり方がわかれば良い」、「わからなければ覚えれば良い」等と考えていたり、「答が合っている=理解している」とか「やり方を覚えることが勉強だ」と勘違いしていたりする場合があります。全くやる気が無いわけではありませんし、人によっては凄くやる気のある子もいますが、試験での結果は良いものにはなりません。

「答を出すこと」や「答が合っていること」よりも、「考えること」や「理由を説明できること」の方が大切であることに気づく必要があります。

小学生には、理由を考えさせたり説明させたりし、式やそこにたどり着くまでの過程に目を向けて「それは素晴らしいことだ」と受け止めるようにしています。

中学生くらいになってくると、価値観が固まってくることや結果を捨てる不安感などから、結果より過程を重視する考えに移行することが難しくなります。

しかし、時間はかかりますが、丁寧に過程の重要さを伝えることや、過程重視によってもたらす結果を体験させることで少しずつ変化がみられるようになります。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。