So-net無料ブログ作成

中学受験と受験理由 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 以前、「区立中に行きたくないから私立中を受験する」という話を聞いたことがあります。また、「学区が廃止されて、区立中を選べるようにならなかったら区立中に行かなかった」とも。

 私立中受験の理由が「区立中に行きたくないから」では、あまりにも寂しすぎます。学校では真面目に授業を受けていない子でも、いぶきに来ると真面目に勉強をします。それを考えると、子供たちがやる気がないわけではないし、不真面目なわけでもないと気づきます。

 いぶきで学習する時と同じように学校でも振舞えないかと考え、いぶきだけではなく、どこでも頑張れる子を目指して指導を継続しています。勉強に直接関係がないことでも人として大切なこと将来役に立つことも伝え、勉強や受験を通して人間的に成長できるよう活動しています。

 塾に来ている時だけ良い子で、他で人に迷惑をかけたり、努力を怠ったりしていては意味がありません。

 志望校に合格するために勉強をして、合格した後勉強が分からなくなったり、楽しくなかったり、学校を辞めたりすることは避けたいことです。

 塾での良い影響を他でも発揮して頑張れるよう、結果が出た後でそれを糧として前に進めるようにしたいものです。子供たちの未来の生活を豊かにできれば、日本が良くなり皆幸せになれるのではないでしょうか。

 そのために、いぶき学院は存在しています。だからなくてはならない学習塾だと私は思っています。

 さらに、いぶき学院だけではなく近隣の学習塾や学校も巻き込み、子供の奪い合いという土俵から降りて、みんなで地元の教育を改善し子供達と日本の未来のために活動しているのが、大井町から教育を考える会(OKK)なのです。

 OKKの春期定例会で「区立中も凄く良いけど、あの私立も良いなぁ」を目指すことを確認しました。

 中学受験の理由は「行きたい学校がある」からです。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。