So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ

人生に失敗はない、次に向かう大谷選手 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 MLBの大谷選手が、2度目の先発で7回途中までパーフェクトピッチングをしました。

 試合後のインタビューで彼は「ヒットを打たれてないのは知ってましたが、完全試合をしようという感じはなかったです。むしろいつ出るか待っていました。(ヒットが)出た時にどう気持ちを整理して次のバッターにしっかり向かって行けるかが大切で、そういう意味では打たれた後にフォアボールを出したのは今日よくなかったことです」

 「打たれた後に気持ちを整理して次に向かって行けるかが大切」と言えるところが凄いと思いました。彼は「ヒットを打たれた後フォアボールを出したことが良くなかったこと」と反省し、次に活かそうとしているのです。

 ただ、どんなに彼が素晴らしい投手であっても、この先全て良いピッチングをして、全ての試合で勝利を収めることはできないでしょう。

 しかし彼ならば上手く行かなくても、それを糧として成長し続けることができると思います。

 さらに、どんなに良いピッチングをしても彼自身が満足せず、常により高いレベルをめざし続けるのなら、誰よりも大谷選手は記録と記憶に残る選手となって行くのではないでしょうか。

 パーフェクトな人生はあり得ません。むしろヒットを打たれてばかりで、三振なんか一つも取れないようなのが人生かもしれませんが、そこから今の自分にないモノを得ることができるのなら、それは失敗ではありません。いつか訪れる成功のための糧なのです。

 うまく行かなかった時、そこから自分を高めるためには、結果を恐れず一生懸命にやる事(投げる事)が大切です。上手く行かなかった時(ヒットを打たれた時)の理由が明確になるからです。そして、結果から目をそむけず受け入れて(整理して)、新たな目標に向けて一歩踏み出す(次のバッターにしっかり向かって行く)のです。

 人は全員、全てのことを成功させることはできません。しかし、上手く行かなかったことを教訓として次に活かすことはできるはずです。

 人生に失敗は有りません。だから、今を一生懸命に生きたいものです。

コメント(0) 

小学生・中学生の学習法4 「理由がわからない公式は凶器!?」 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 親の時代と子の時代は今でも暗記型学習が継続されています。もちろん親の時代でも暗記型の学習をしていなかった人もいますが、親の時代は暗記型の学習が通用した時代であったということです。ですから、保護者様から「覚えれば(暗記すれば)できる」という声が聞こえてくるのは無理がありません。むしろそれが普通だった時代ということも言えると思います。

 しかし、暗記型学習は学力を伸ばすことができないということを認識する必要があります。

 高校生や大学生がアルバイトをするとそこにマニュアルがあり、マニュアル通りに仕事を行うことになります。ところがそこには理由が書いてありません。マニュアルは手順の指示書であるため理由は不要なのです。しかもマニュアル通り仕事をしなければ、企業にとって大切な改善ができないのです。

 又、学校の成績が「3以下」の子たちを中心に集めている学習塾があり、そこでは講師に理由を教える事を禁止しています。学校の試験で得点が取れることが目的だからです。そこで学んだ子たちは、本当の学力がつくでしょうか。せっかく合格したのに勉強についていけるでしょうか。社会に出て活躍できるでしょうか。そして幸せになれるでしょうか。

 問題を解くために知識は絶対に必要ですが、「暗記をしても問題は解けない」のです。「暗記教科は存在しない」のです。速さの問題が得意な人は、速さの公式を覚えていません。実際中学生までの数学で暗記しなければいけない公式、つまり知識から導けない公式はほとんどありません。ただしそれらも検証はできますから、公式を丸暗記する必要は全くないのです。

 むしろ、理由がわからない公式(意味がわからない公式)を覚えて解こうとしても良いことは有りません。覚えているから忘れたり、覚えているから応用できなかったり、たくさん覚えていないといけなかったりします。わかっていれば公式を自分でつくれますし、公式を使わずにできたり、形が変わった問題にでも応用できたり、少しの知識で無限の問題が解けるのです。覚えている人は覚えた数しか問題が解けませんし、問題を解くために公式ややり方を覚え続けることになります。それには限界がある事は言うまでも有りません。

 公式や解き方は“道具”に過ぎません。どうしてそのような道具があるのか、どのように使うのかを理解していなければ、使いこなすことはできません。目的を誤れば凶器にもなってしまうのです。

 「速さの公式は、速さ=距離÷時間 です。それでは3時間で60㎞進んだ時の速さはいくらでしょう?」と授業をすると、子供たちは公式に3時間と60㎞を当てはめる事に頭を使い、正解を喜ぶことになるでしょう。

 「3時間で60㎞進みました。1時間に何㎞進みましたか?」とすれば公式は不要で、しかも「1時間に進んだ距離を速さと言うんだよ」と言えばいいのではないでしょうか。

 いぶき学院の中学3年生は因数分解が終わり、平方根の学習に入っていますが、全員「乗法公式」を使わずに教科書レベル以上の因数分解がわかります。

 子供達には考える力が満ち満ちています。我々はそれを引き出すことが役割だと考えています。

コメント(0) 

言ってはいけない言葉 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

『勉強しなさい』少なくとも中学生以上には逆効果です。理由は本人が「やらないとまずい」ことを知っているからです。やろうと思っているのに先に言われたら、逆にやる気をなくします。
やれない理由があって悩んでいるところで言われたら、自分の事を分かってくれないと反発をするでしょう。

 我々ができる事は、受験の仕組を伝え正しい知識と情報を持ってもらう事と、志望校に合格した後の将来について考えてもらう事です。その上で勉強をしない理由を分かってあげる事、そしてそれに対して、我々のできる協力をすることだけです。我慢して見守る事が親の役割です。


 『覚えればできる』最近多く耳にすることは、「勉強ができなくなった」、「頑張っているのにできない」、「勉強法がわからない」、「時間が経つと忘れる」等です。それらの共通の原因は『覚えることが勉強』という意識を持っていることのような気がします。

 理由もなく覚えたものは短期記憶であり、忘れることも早く、覚えた問題しか解けません。さらに、理由を記述で聞かれても答えられません。『覚えればできる』の背景には、結果重視、合格重視の考えがあると考えられます。

 人生100年、学校を出た後の人生の方が圧倒的に長いわけですから、目の前の結果に追われてその後の成長を止めることは避けねばなりません。

 大切なのは、受験や勉強を通して得たものです。目標に向けて一生懸命に頑張った気持ちとその経験。問題を解くためのテクニックではなく、問題文の理解とそこからの発想。そして合格が通過点であるという認識です。

 覚えて合格した人は、考えることよりも暗記で問題を解決しようとしたわけですから、それからの残りの人生どうなってしまうのでしょうか?覚えなければ行動できず、覚えていることしかできないことになります。すこしの状況の変化にも対応できません。
 
 しかし、覚えなければ忘れない。理解して考える人は、無限の可能性がそこに生まれるのです。

コメント(0) 

2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ