So-net無料ブログ作成
◆学習塾 「活動と学習塾団体」 ブログトップ
前の20件 | -

無くなって良い学習塾はない③:『経営』と『教育』 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 学習塾には色々な営業がやってくる。

 いぶき学院がお付き合いしている教材会社は別として、電話、FAX、メール、飛込みで突然来る人もいる。

 その営業は、「LED照明にしませんか」、「コピー機入れ替えませんか」と設備に関するモノも多いが、何といっても多いのは塾生募集に関するモノだ。広告宣伝、チラシ、ポスター、のぼり、電光掲示板、DMリスト、保護者様との連絡ツール、教材(タブレット、映像)、そして、集客セミナーである。

 つまり、営業は塾生を集めるためのツールやセミナーが圧倒的に多い。後は人件費削減のためにPC等を活用するシステムだ。

 私は教育を良くしたい教育を改革したいと決意して、今の道を進んでいる。したがって、頭の中は『教育』で一杯だ。ご相談を受けても、いぶき学院で学ぶより別の学習塾、別の方法が良いと思えば、別の学習塾を紹介したり、別の方法を提案したりする。いぶきに合う子、いぶきを信頼してくれた子については受け入れる。

 しかし、学習塾はどこからの援助も補助もない。まして、ブランド名で集めることができる大手やFC塾ではなく、いぶき学院は個人塾である。何も手を打たないでいると、いぶき学院の存続が危うくなる。そこで、塾生を集める必要が出てくる。『経営』を考えねばならないのが現実だ。

 初めから、収益を第一として学習塾を始めた方もいると思う。だから、『経営』のための『教育』になっている学習塾がある。とにかく塾生を集めることが第一。手段を選ばないで集めることになる。個別指導塾は講習等でたくさんの回数を取ることを提案する。たとえば、中3生(9年生)で高校受験の夏。中1の基礎からわかっていないとの理由で、中1の最初から復習をしなければならないと言われたら、保護者も本人もそうしないとまずいと思い、1教科20回以上提案されたりするかもしれない。3教科や5教科取ると怖いくらいの金額になる。合格実績も集客の大きなポイントとなる。したがって、子供のために合格させるのではなく、集客のために合格実績が必要だから合格させるという、本末転倒が起きる。

 きれいごとを言っている余裕は、いぶき学院にもないのだが、いぶき学院は『教育』のための『経営』を貫きたい。本当に子供達のためにご家族のために日本のために頑張りたい。

 我々の目標は大井町に無くてはならない塾として子供たちの指導に当たり地域に貢献したい。そのために、理解してくれる子供達、いぶきに合う子供たちに来て欲しいと願っている。結局宣伝となってしまいました。(笑)

2014OKK私立中高相談会を終えて [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

11月2日にOKKの私学相談会が行われました。なんと、来場者は激増。4割から5割増となりました。最初の講演会では椅子をいくら出しても足りず、最後は立ち見となりました。相談会開始時、会場は人で溢れるという感じで、受付も大混乱。途中で資料が足りなくなり慌ててコピー。主催者側としては嬉しいことです。

来場者数に関係なく、開催する手間は同じです。折角やるのなら、「多くの人たちに来ていただきたい。」、「たくさんの人たちの役に立ちたい。」、「みんなの笑顔が見たい。」と思うのです。

何人もの保護者様から「今日は来て良かったです。」と言われました。私学の先生方の熱心な対応が通じたと思います。

今回も、学習塾と私立中高の先生方、Kの教育社のMさん、デザインオフィスSのSさん、K企画印刷のKさん、私塾ネットのN先生、W先生たちのご協力を得て無事終わることができました。ありがたいことです。チラシ配りをしていただいた先生方、会場外で誘導をしていただいた先生方(交代制とは言え、立ちっぱなしは大変な労働)、受付の先生方、全ての先生方関係された方々に感謝いたします。また、T女子学園のK先生は会場の打ち合わせから、ギャラリー、懇親会、2次会まで何から何までやっていただきました。彼がいないとなこの会が成り立ちません。本当にありがとうございます。

ワイワイガヤガヤ。懇親会は和気あいあいと和やかムード。運営側も「やって良かった。」と思える相談会になったと思います。

理想は、学校選びや進路、学習法などの悩みを持った小中学生と保護者様が笑顔で帰れる相談会です。そのために、私はボランティアに徹し、労を惜しまず準備と運営にあたりたいと思います。これからもOKKらしさを大切にして、他にはない相談会を目指していきます。

来年は少し広い会場で開催予定です。

OKK主催「私立中高相談会」前日 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

いよいよ、大井町から教育を考える会主催「第9回私立中学高等学校相談会」が、明日11月2日に開催されます。

2002年に設立の大井町から教育を考える会(OKK)は12年目を迎え、会員塾5塾、会員私学21校で活動しております。主な活動がこの私立中高相談会です。来場者は毎年100名から200名程度の小さな相談会です。

昨日、参加全私学への連絡が取り終えました。会場案内図をプリントアウトしてセロハンテープでとめる作業も終えて、ほぼ準備完了かと思います。お金をかけない手作りの相談会です。

私学の先生方も熱心に作業をしてくれます。チラシの配布やホームページへの掲載。当日も机や椅子の移動、グッズの袋づめ。資料等の配布準備。会場へ誘導するため、外に長い時間立っていてくれる先生もいます。学習塾の仲間も手伝ってくれます。我が私塾ネットのN先生をはじめ、親しくしているS先生も労を惜しまず働いてくれます。ありがたいことです。

「地元のために何かできることはないか」から始まった相談会。

子供たちの未来の相談会。

最後に、みんな笑顔で終われれば良いと思っています。

OKK私立中高相談会が開催されました [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 11月3日(日)大井町から教育を考える会「私立中高相談会」が開催されました。
参加私学21校、駆けつけてくれた(運営を手伝ってくれた)学習塾12塾。総関係者数70名でした。

 まずは、参加してくださった私立中高と実行委員の学習塾の皆さんに感謝。懇親会に来ていただいた方々に感謝。会員外でお手伝いしていただいた菅原先生、桂馬先生、中村先生、ありがとうございます。講演と相談コーナーで大活躍の三谷さんに感謝。映像関係で頑張ってくれた鈴木学さんに感謝。会場となったアワーズイン阪急さんに感謝です。日本音楽のミニコンサートでフルートを演奏してくれた2人の生徒さんに感謝。その他、協力協賛の企業団体にも感謝。この会を開催するに当たり多くの人の協力がありました。本当にありがたいことです。

 来場者数はそんなに多くない相談会ではありますが、「来てよかった」、「やる気になった」との声をいただくとやってよかったなぁと思います。「こんなに良い相談会は無い」と私は思っています。なぜなら私立中高が自分の学校に無理やり勧誘するのではなく、その子にあった学校を探そうとしてくれるからです。

 多くの方の協力と努力、経費をかけてやっている一種ボランティアの会ですので、来年以降今年の来場者を上回ることができるように、考えていきたいと思います。来場者が増えることが、頑張った先生方協力していただいた方への一番の恩返しだからです。

 終了後の懇親会も先生方50名の参加、2次会も20名の参加となり、この種の懇親会としては異常に多い参加者数に驚きます。初めて参加された何人かの先生が「こんなにアットホームとは思わなかった」とおっしゃっていただき、これもOKKらしさを感じ、うれしい言葉でした。

 「子供たちが私立中高の先生方の話を聞いて、自伝の進路について真剣に考えられるようになって欲しい。誰かに言われて勉強するのではなく、自分のいして゛頑張ろうという気持ちになって欲しい。自分の一番校を見つけて欲しい。」それが子供たちの成長につながると信じています。正直開催するのはしんどいですが。子供たちのいい顔を見たいので来年も頑張ります。

大井町から教育を考える会が目指すもの [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

書類を整理していたら
大井町から教育を考える会を発足した際の資料が出てきた。

「大井町教育連絡会(仮称)設立案」なるものだ。
2002年4月1日の日付
目的は「学習塾における教育を通して大井町の教育改善をする」と書いてある。
趣旨には「教育行政へのかかわりを通して地域における民間教育機関としての位置を明確にする。学習塾が互いの良さを出しあうことで地域のためになる学習塾を構築する。日本を変えるのは教育しない、今こそ我々学習塾が力を発揮し、まず地元である大井町の教育を改善するために大井町の学習塾が教育について考える場を設ける。」とある。そこから『大井町から教育を考える会』という名前がついたのだ。

あれから11年。6塾と私立21校、協力企業3社で活動している。
現在の活動の中心は何と言っても11月開催の私立中高相談会だ。
OKKの相談会には「見つけようあなたの一番校」と言うキャッチフレーズがある。これは、その子に合った学校を見つけられるように、OKKの会員私学の先生方が相談に乗るということである。「うちの学校は良いよ。うちの学校に来てよ」ではない。「うちの学校も良いが、他の学校もも良いよ。あなたに合う学校を一緒に見つけよう。」と、自分の学校の良さを伝えるとともに、他校の良さも伝える。そして、その子に合う学校を一緒に考える。それがOKKの相談会だ。

是非近隣の小中学生に利用してもらいたいと願っている。

11月11日 OKK「2012私立中高相談会」 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

大井町から教育を考える会


11月11日(日)

アワーズイン阪急3F会議室 13:45~17:00


全員に大塚製薬の製品プレゼント 先着50名に図書カード アンケートに答えると私学グッズプレゼント

13:45のオープニングは、日本音楽高等学校の生徒さんによるプチコンサートがあります。
日本音楽高校は宝塚に何人も送り出している実績がある高校です。イベントに何度か行きましたが、プロを目指すだけあってとにかく凄い。私も今から楽しみです。是非13:45に会場まで足をお運びください。

その後は恒例となった、「過去問」で有名な、声の教育社の三谷さんによる教育講演会。これだけでも十分価値のある相談会です。しかも、講演後は三谷さん自ら何でも相談コーナーで、勉強法、受験作戦、学校選びなどの相談に乗ってくれます。

さらに、好評のギャラリーでは各私立学校の様子を写真などで紹介しています。

とにかく盛りだくさんの内容

「図書券」→「大塚製薬の製品」→「日本音楽のプチコンサート」→「教育講演会」→「私立中高相談」→「何でも相談」→「ギャラリー」→「アンケート回答で私立中高グッズ」

是非、11月11日(日)は大井町から徒歩1分、アワーズイン阪急までお越しください。

OKKのホームページ、リニューアル! [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

大井町から教育を考える会(OKK)のホームページがリニューアルされました。

 9月6日OKK秋の定例会で、O学園中高F先生の「ホームページで11月11日の私立中高相談会を告知すれば良い」の発言がきっかけとなり、会員の皆さんの同意のもとに作成に取り掛かりました。ホームページとしてはコンテンツの量も質もまだまだですが、会員の学習塾と私立中高の先生方と共に役に立つ情報を載せていければと思います。是非ごらんなってください。
 
 OKKは、平成14年に大井町の学習塾6塾が「大井町を良くするために、近隣の学習塾がひとつとなることが必要」と集まり発足しました。
 地域が活性化され、発展していくためには、そこに住む人たちの意識が問題となります。特に子供たちの行動、生活の乱れは地域の乱れとなり、それは何年も続いて行くことになります。子供たちの教育に真剣に取り組んでいくことで、子供達も家庭も地域も変わっていけると信じていました。ここで言う教育というのは、学力を上げるとか有名大学進学実績を上げるということだけではありません。知識、知恵をつけることはもちろんですが、礼儀、感謝、思いやりという「心の教育」のことです。
 塾は子供たちの居場所であり、居心地の良い空間でなければならないと思いますし、それが学習塾の本質です。ただし居心地が良いといっても、くつろぐ場所ではありません。目標を持って一生懸命に頑張る修行の場です。厳しさと優しさがあるからこそ居心地がいい場所なのです。学校には学校の良さがあり、学習塾には学習塾の良さがあります。これからも、学校にない学習塾の教育が子供達を支え、成長の手助けとなっていくものと思います。
 子供達のレベルアップは子供達の将来の幸せにつながるだけではありません。お父さんもお父さんもうれしい。家族がうれしい。そしてそれは地域が社会全体の幸せにつながるのではないでしょうか。
 OKKは小さな1つの塾では達成できないことを達成する為に集まった、学習塾と私学の集まりなのです。50年後の大井町が今よりもさらに、笑顔あふれる街になれるように、今我々ができることを一生懸命にやっていきたいと思います。今後とも大井町から教育を考える会をよろしくお願い致します。

私塾ネットができること [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

いぶき学院が加盟する学習塾団体「全日本私塾教育ネットワーク」
4月24日に設立10周年記念式典を開催する予定だったが、1年延期を決定した。
以下は、そのお知らせ文(抜粋)

このたびの「東日本大震災」の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し深くお悔やみを申し上げます。現在、被災地での救援救助活動、原子力発電所で作業されている方々には本当にありがたく思うしだいです。
今回の大震災により、当たり前と思っていた生活が、実はすごく贅沢で幸せなものだったと知りました。当たり前と思っていたものは、実は多くの人がいて初めて成り立っているということを実感しました。現在、私は東京都品川区におりますが、大きな被害もなく、住まいも食べ物も水も電気もある生活をしております。そんな私たちが、いい加減に生きていては被災者の方々に申し訳がありません。当塾の塾生たちには、「今起きていることをしっかり見て、今生きていることに感謝をし、被害者の方々のためにも今を精一杯生きよう」と話をしております。
私塾ネットとしましても、微々たるものかもしれませんが、復興のお役に立てるよう行動を起したいと考えております。
さて、3月13日の私塾ネット緊急役員会(兼記念大会実行委員会)にて、10周年記念式典並びに全国研修大会の延期が決定いたしましたのでご報告いたします。なお、詳細は以下の通りです。

1.10周年記念式典及び全国研修大会を延期する。
平成23年4月24日に予定していた10周年記念大会(式典・研修会・祝賀会)を1年間延期とし、平成24年4月22日、同会場(浅草ビューホテル)開催へと計画変更する。今回の惨事の結果、私塾ネットとしては、被災された人と地域へ誠意を捧げるべく、あえて10周年記念大会の実行を停止することとします。

2.東日本大震災への義援金活動を開始する。
私塾ネットは、記念式典のための用意していた予算の中から、50万円を基金として義援金活動を実行します。


2年間かけて計画をしてきた実行委員の先生方は、やりたい気持ちも合ったと思う。私個人としても残念な事であるが、それどころではない。その代わりに、被災者の皆様に出来ることをやった方が良い。記念式典は1年後に、日本の未来に夢が持てるように元気良くやりたい。

2010大井町から教育を考える会(OKK)私立中高相談会 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

2010大井町から教育を考える会(OKK)私立中高相談会
11月7日(日)  13:45~ アワーズイン阪急 3F C会議室

【参加校】 全19校
東京女子学園中学校・高等学校
大森学園高等学校
多摩大学目黒中学校・高等学校
立正中学校・高等学校
青稜中学校・高等学校
トキワ松学園中学校・高等学校
東洋高等学校
東京高等学校
東京学園高等学校
日本音楽高等学校
日本橋女学館中学校・高等学校
日本工業大学駒場中学高等学校
八雲学園中学校・高等学校
京北学園中学校・高等学校/白山高等学校
小野学園中学校・高等学校
京華学園中学校・高等学校/京華女子高等学校/京華商業高等学校
武蔵野中学校・高等学校
日出中学校・高等学校
目黒学院中学校・高等学校

OKKは変な会です。
◆近所の学習塾が一緒に活動している。(いぶき学院は木谷塾や藤田研学舎とは500m離れていない。)
◆相談会出席の私立学校は、他の私立の良さを伝え勧める。
◆塾と私学の先生が一緒にイベント運営をする。

発足に至る経緯
①大井町を良くしよう
②教育でしか地域(社会)は変わらない
③小中学生を学習塾の力で、学力はもちろん、行動面もかいぜんしていこう
④1つの塾より、近所の塾が力を合わせて取り組んだ方が効果がある
⑤隣の塾の塾長さんに提案→6塾で発足
⑥塾だけではなく学校も一緒に活動出来ないか→品川区の私学に通知→情報交換開始
⑦塾とか私学とかと言うことではなく、子供達の未来の為に活動を→私学会員受け入れ
⑧「相談会」開催→1人の子をOKKの塾と私学全体でバックアップ

OKKには、ライバル塾とか私学という関係はありません。
教育は時間がかかるものです。
しかし、教育でしか日本は変わりません。
そのためには、学習塾とか学校とかという枠を取り外して協力していくことが必要です。
私立の先生の中には、何人も理解してくれている方がいらっしゃいます。

未来への課題
残念ながら区立小中の先生方との交流はありません。
早急な課題はそこにあると考えています。
なぜなら、一緒に取り組むことで未来が変わる小中学生が何人もいるからです。
苦しんでいる子供達が何人もいます。
塾生が通っている区立小中の先生と情報交換ができれば、どれだけ子供達のためになることか。
しかし、区立小中には目に見えない壁があるようです。
だからこそ、それをうち破りたいと思います。
私は積極的に動きます。




2009OKK私立中学高等学校相談会を終えて [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 11月8日 OKK私学相談会開催

 多くの皆さんに迷惑をかけてしまった。それは、我々が予想していた以上の入場者だったからです。
 OKKの相談会は今年で4回目、小規模なものからスタートし入場者は今まで80名を越えたことがありませんでした。ところが、受付開始30分で100名を突破!受付と会場は大混乱です。嬉しい悲鳴をあげながら、実行委員が対応していました。
 最初の教育講演会も資料が無くなってしまい迷惑をおかけしました。数日中に資料を揃えて希望者にお渡しする予定です。
 品川区の学習塾、近所の学習塾が寄り添って始めたOKKは、私の予想以上に大きな集まりになってきました。これからも、地元の活性化のために、学習塾と私学が協力して行ければと思います。
 

私塾ネット中部 湯けむりの会 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 5月10日から、休みがありません。7月19日に休めるかもしれません。
 時間に追われる日々。授業、面談、イベント準備、など
 6月28、29日と、私塾ネット中部の集まり「湯けむりの会」に行ってきました。もちろん29日の昼過ぎに帰ってきて仕事はあるのですが、あちらではのんびりさせてもらいました。三松先生が京都の寺院でゆっくりとした、ひとときを過ごす。奥さんと「贅沢な時間だね」と話すということを聞き、自分はそんな思いをしばらくしたことがないことに気づきました。でも、今回は、ぼ~っとする時間があり、気の知れた先生方との時間の共有は気分転換になりました。私塾ネット中部.JPG
忙しいけれども、幸せを実感できました。

OKKを考える会? [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 6月6日(土)大井町から教育を考える会を考える会(OKKを考える会)が開催されました。OKKは会員塾5塾、私学20校という、たった25団体の集まりですが、一声かけただけで土曜の夕方に16名が出席、大いに盛り上がりました。
 そもそも、この会はR中高の今田先生が「OKKの相談会はひとりの子どものことを全員で考える、相談に乗ってあげる会だ」というような話から始まりました、地域の活性化、地域を良くするというOKKの主旨の確認を含めて、11月の相談会についても話し合おうと言い出したのが、TJ中高の川崎先生。そこで川崎先生に音頭をとってもらいこの会の開催となりました。
 受験のあり方から、都立高校と私立高校の関係について、相談会の企画についてと話は尽きませんでしたが、OKKの凄いところは、校長先生、副校長先生、教頭先生と、入ったばかりの先生が一緒に語り合っていること。生徒の奪い合いではなく、生徒の幸せのための一番良い進路を提案すると言う姿勢。自分の学校を誇りに思い、良くしていこうと真剣に考えている先生達が集まっていること・・・。あげると切りがありません。
 これからの展開が私自身も楽しみになってきました。相談会の詳細は後ほど。

2009私塾ネット四国研修会 福山 若竹塾 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 5月31日 福山、若竹塾で「私塾ネット四国研修大会」がありました。福山城.JPG
 私は新幹線で31日朝出発、帰りは6月1日の午後2時でした。福山にいたのは20時間くらいですが、内容の濃い有意義な時間でした。研修会、懇親会、夜にも勉強会、深夜にも話し合い、もちろん往復7時間の新幹線でも。
若竹塾代表の佐藤先生の、「人を育てるには、任せること」、「自分は邪魔にならないようにしている」、「勇気を出して、信頼して任せる」というお言葉。印象に残るお話しの1つです。
私塾ネット四国研修会風景.JPG

『気』のある研修会 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

 私塾ネット関東の研修会の一つである入試情報研究会(入情研)が、5月8日に渡辺塾舟渡教室にて行われました。この研修会は若手の先生、職員中心の研修会です。いぶき学院からも3人参加させていただきました。

 学習塾の研修というと・・・
 自塾内の研修は塾長や役職の上の先生が仕切り、ともすれば、若い先生達は一方的に聞くだけになり発言もできないこともあります。学習塾団体の研修会(他塾との合同の研修会)も、講演会であったり、誰かの指導を受ける会であったり、内容も意見交換や情報交換が中心です。しかも参加者は塾長ばかりです。
 しかし、この入情研は違いました。参加者の4分の3がは20~30代の各学習塾の職員です。しかも、司会進行から全てその先生方が行っています。

 この会は良い会だなぁとつくづく思いました。その理由は・・・
①同年輩の先生達なので発言しやすい。
②上から与えられるのではなく、自分たちで創造していく会なので、新しい発想が出やすい。
③自分たちで考え、実際に実行しフィードバックする事で知恵と経験が積める。
④とにかく先生方が、凄く真剣である。

「若い先生が成長していく姿を見るのは嬉しいし、これからも教育界のためにも自己研鑽を続けて欲しいです。」と偉そうなことを言っている自分が、この会の参加者の中で一番の未熟者であると思う会でした。

久々の『気』のある会。参加させていただき感謝しております。


大井町から教育を考える会 「教育講演会&私立中高相談会」報告 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

11月9日午前10時
学習塾の先生と私学の先生が集合。相談会の準備をしました。多くの先生方に来ていただいたおかげで予定よりはやく準備作業が終わりました。先生方ご苦労様でした。CIMG4809.JPG

12時からは開場の準備。校長先生も教頭先生もみんなで机と椅子並べ。CIMG4815.JPG

さて、いよいよ開始です。まず、京北学園の川合正先生の講演です。川合先生は実行委員長です。CIMG4870.JPGCIMG4880.JPG

相談会が始まると、小中学生と保護者様が各私学のブースで説明を受けます。特に中学3年生(品川区では9年生)は学校の3者面談直前、真剣さが違います。私学の先生方もそれに応えます。CIMG4923.JPGCIMG4936.JPGCIMG4962.JPG

相談会終了後の懇親会。乾杯は立正の今田先生です。CIMG4972.JPG

 この後、先生方の熱い教育への思いを聞くことが出来ました。

 OKKの私学相談会は本当に役に立っていると実感しました。学校の特色や合否の基準等の話を聞けることはもちろん、我々学習塾の先生がそれをフォローしてあげられること。そして何よりも、子ども達が私学の先生方から勇気づけられて元気になるような気がします。「君ならできるよ」、「あなたなら頑張れるよ」、「うちの高校は大歓迎だよ」・・・皆さんいい顔をして会場を後にしていきます。
 今回は、OKK会員の学習塾以外の方も多数いらっしゃいました。ご案内は、新聞折込の他、品川区の中学校と学習塾さんに郵送しました。どこかの中学校や学習塾が配ってくれたのではないかと思います。ありがとうございます。来年はさらに多くの皆さんにご協力いただければと思います。

親も子も学習塾も、目指すは『子供達の幸せ』 ~7月個人面談を終えて~ [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

私は7月の個人面談で7/21までに約50組ほどの面談をさせていただきました。
面談は自分自身にとって、たいへん勉強になります。もちろん塾として、私個人として改めなければいけないこともお聞きすることもできますし、子供達の塾では見せない一面を聴くことができたり、お母様、お父様方のお考えを知ることができます。又、我々がやっていること、私が考えていることも伝えられます。それらを子供達の未来の為に役立てていくことが我々の目指すことであると考えます。そして私自身成長していきたいと思っております。

お母様も、お父様も、ご家族も、学校の先生も、われわれ学習塾も、そして子供達自身も、願っていることは同じだと思います。私は「幸せ」を願っています。私は「子供達の幸せ第一」という考えを継続します。
面談では失礼とは思っても、「子供達の幸せ第一」の基準に従って、嫌われも伝えるべき事はいわせていただいております。誤魔化したり嘘をつくことはいたしません。目標が同じだからこそ話し合い協力していけると信じております。ご理解とご協力をいただいているお母様、お父様が自分の心の支えです本当に感謝しております。ありがとうございました。

鈴木正之

個別指導ヴィアイシー・いぶき学院「合同職員研修会」 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

7月13日(日)品川インターシティ会議室にて、職員研修会を行いました。
vic.JPG講演する成田先生

個別指導ヴィアイシーの成田博美先生のご協力で、いぶき学院との合同研修会となりました。いぶき学院単独の研修会では得られない別の考え方を学ぶことができ、もう一度自分たちの姿を見つめ直す機会にもなりました。職員のみなさんご苦労様でした。成田先生を始めヴィアイシーの先生方ありがとうございました。鈴木正之

夏期高校受験説明会を終えて [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

昨日、7月6日(日)きゅりあんで「高校受験説明会」開催しました。
中学3年生はほぼ全員参加、保護者の方は約8割の参加となりました。
ありがとうございました。
hogo.JPG午前の保護者の部

「何のための受験か」、「合格はゴールではない」などと、ず~と言い続けていますが、やっぱり同じ事を考えます。
中学、高校、大学受験は、子供達が幸せになるために頑張るものですよね。子供達の未来のためのモノですよね。(幸せ感というものはそれぞれ違うとおもいますが)
ですから、受験も1つの通過点に過ぎないのです。その通過点である受験は、一生に何度も経験するものではありませんから、1つの経験として一生懸命に取り組むことが大切だし、一生懸命取り組めると思います。すると、結果とは別のご褒美がもらえる。「未来の幸せキップ」とでも言いましょうか、頑張ったという自信、結果を引き取れる勇気、未来の夢に向けて進める希望・・・。

「合格者は勝者、不合格者は敗者でダメ人間か」
そんなことは無いですよね。そうしだとしたら、北京オリンピックで優勝できなかった選手はみんな敗者でダメな人間になってしまいます。
何事も結果が分からないから頑張る。頑張ったから成長できる。成長できるから「幸せのキップ」がもらえる。

gaida.JPG中3生の部。受験生に真剣さが出てきました(?)

2008高校受験説明会報告 [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

3月16日の高校合格パーティの後、きゅりあんで高校受験説明会を開催しました。塾生外の中3生や保護者の方も参加され予想を上回る人数となり、受付の机も確保できないくらいでした。なんとか全員着席できてホッとしています。高校受験と学習のポイントを説明させていただきました。最後のビデオでやる気になってくれた人もいたようです。最後に中3生の皆さんには簡単な作文を書いてもらいました。
さて、それから10日過ぎて、今日から春期講習が始まりましたが、3月16日以降、中3生は変わりました!
間違いなく、真剣になってます。今までは僅かな宿題でも面倒くさそうであったのに、量も今までの3倍以上あるにもかかわらず、誰もいやな顔をするどころか、私がやらなくても良いと言っているところも「全部やってくる」と言う生徒が出てきています。
悔いが残る受験はさせたくないので、私も精一杯やります。CIMG1936.JPGCIMG1967.JPG

OKK私立中学高等学校相談会ありがとうございました [◆学習塾 「活動と学習塾団体」]

OKK(大井町から教育を考える会)主催の第2回私立中学高等学校相談会が11日に行われました。

感謝 来場された方ありがとうございました。私学の先生方ありがとうございました。会員塾の先生方ありがとうございました。

校長先生も荷物運び 学校も塾もなく、校長も教頭も塾長も若い先生もなく、開始前の準備から後片付けまで、みんなで仕事をしました。そこには、今回の主旨「子供達にあった進路をみんなで考えてあげよう」がありました。互いの学校の良さを認め合い、互いに紹介し合う先生方。悩んでいれば積極的に声をかけて相談に乗る先生もいらっしゃいました。
荷物運びからスタート

楽しい1日 来場した子供達が「良かった」と言ってくれるたびに嬉しさを感じ、一緒にやっている先生方が「来年はどうしようか」とすでに次のことを考えていたり、初めて参加された先生が「こんな相談会は他にない」という言葉に幸せを感じました。


先生達が会場準備


声の教育社、三谷潤一氏のミニ講演


相談会の様子 「子供達の真剣さと先生方の熱心さ」

子供達の「笑顔」のために OKKは教育を通して地域を良くしていくことが目的です。区立小中の先生方、学習塾の先生方、今年度ご理解いただき子供達を来場させていただいた先生方には感謝申し上げます。私は、立場の違いや子供の奪い合いより大切なことがあると信じています。是非これからもよろしくお願いいたします。鈴木正之


前の20件 | - ◆学習塾 「活動と学習塾団体」 ブログトップ