So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の6件 | -

偏差値を上げる方法 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

先日、中学生が授業終了後にやってきて・・・

塾生「先生、聞きたいことがあるんです。」
私 「何?」
塾生「数学の偏差値はどうすれば上がるんですか?」
私 「それは、偏差値を上げようとしないことだよ。」
私 「偏差値を上げる方法はあるけれど、本当に学力をつけたいのなら偏差値を上げようとしないこと。」


偏差値は模擬テスト等のテストでの学力の指標であり、入試本番で何点取れるかの目安となります。したがって、偏差値を受験校の合格確率判定に使用します。もちろん、模擬テストを受けるメリットは他にもあり、次のようなことが考えられます。

①受験本番のための練習になる。時間配分、解答する順番、高得点を取るための練習。
②受験勉強の目標となる。日々の受験勉強における目標とすることで努力の継続につながる。
③模擬テスト対策として学習することで学力をつける。試験範囲が『3年間の総合』となることもあり、事前に模擬テスト対策として学習することが困難であるが、理科と社会ならば単元ごとの学習が可能である。出題されなくても「この単元からの出題ならばできる。」という学習を継続することが、本番に向けての学力アップに結びつく。

ただ、やり直しをすることには注意が必要です。それは時間がかかるかもしれないからです。しかも、時間をかけても解けないかもしれないからです。

例えば、数学の空間図形の最後の問題は難しいことが多いのですが、それを数学の苦手な受験生が解き直すことは、時間がかかる事が予想されます。解答解説を見てそれを理解することができれば良いのですが、それも難しいようならばやり直す必要はありません。目的は合格であり、満点ではありません。合格に必要な得点が満点でないならば、1問落としても問題ありません。

全て完全にやり直すことがメリットになる受験生は、偏差値65以上を目指す受験生です。偏差値60を目指すならば9割、偏差値55を目指すなら8割、偏差値55を目指すなら7割を目標に解き直すと良いと思います。偏差値50を目指すなら難しい問題のやり直しで時間を使うなら、基本問題を繰り返しやり直した方が有効に時間を使えると思います。


さて、それでは学力をつけて偏差値を上げるためにですが・・・

まず、偏差値は上げるのではなく上がるものなので、「偏差値を上げようとしない」と塾生には伝えたのです。
ではどうすれば上がるかと言うと、“授業に集中する”ことです。

原則(指導者に問題が無い場合)は、授業中に理解できなければ家庭学習で理解することはできません。そして、授業で学んだ内容を身に付けるのが家庭学習です。家庭学習は“やり抜く”ことが大切で、一度学んだ内容を何も見ないで説明できること。全て解けるようにすることです。

「学力=質×量」です。質が悪ければ時間をかけても学力はつきませんし、勉強量が少なくても身に付きません。

授業で良質な考えを得て、家庭学習で大量の問題を解くのです。だから、“授業に集中する”ことが必要です。

そうすると、いつの間にか偏差値は上がるのです。

コメント(0) 

伸びる人、伸びない人④ “釈迦に説法”は有り! [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 『釈迦に説法』ということわざがあります。調べると「その道のことを知り尽くしている人に、それを教しえようとする愚かさのたとえ。」と出てきますが、教えようとするから愚かになるのではないでしょうか。

 中学生に「6÷2=3になるんだよ。わかった。」と教えることは愚かになるかもしれませんが、「6÷2=3になるんだよ。どうして?」と理由を考えさせたり、わかっているかどうかをチェックしたりすることは愚かとは思いません。

 その道のことを知り尽くしている人に、それに対する自分の考えや思いを伝えることは愚かではなく、その話の中には、その道を知り尽くしている人にとっても参考になる事があると思うのです。

 しかも、その道のことを知り尽くしている人に、その道の話をすると良く聞いてくれたりします。きっと、知り尽くしていると思っていないのではないでしょうか。だから、益々その道を極めることに近づいていけるのかなと思うのです。

 『釈迦に説法』は有り!と思うのです。説法をする方もされる方も勉強になると考えるからです。相手がお釈迦様だから説法をするのはやめようと、説法をしなければ何も生まれません。そもそも、相手がお釈迦様かどうかわかりません。それを気にしていたら何も言えなくなってしまいます。

 私は、相手がどんなに偉い人でも思っていることを正直に話そうと思っています。そして、おかしいものはおかしい、正しいものは正しいと言っているつもりです。本当に偉い人は受け止めてくれて、助言をしてくれるものですが、結構「わかっている」ようで、わかっていない人は多くいるものです。お釈迦様かどうかを吟味するよりも、説法をしてしまった方が良い方向に物事が進みます。

 自分の方が詳しく知っていることこそほど聞く耳を持ち、話してくれる方に対して感謝の気持ちを持ちたいものです。


コメント(0) 

伸びる人、伸びない人③ “わかってます”の壁を取り払え! [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 わかっているのに話を聞くことができる人は、伸びる人です。
 わかっていないのに話を聞けない人は、伸びない人です。

 私は「STEP勇気づけセミナー」という責任感のある自律した子供を育むための、親向けのセミナーのリーダーをしています。

 この「STEP勇気づけセミナー」と出会ったのは昭和の時代ですから30年以上前になります。まずセミナーを受講、その後リーダー研修を受けてリーダーの資格を取りました。

 それから何度かセミナーを開催して、いぶき学院でセミナーを開催したいと本部に連絡したところ「しばらく開催していないので、リーダー研修をもう一度受けた方がいい。」と言われ、受けなくても「わかってるよ!」と心の中で叫ぶ自分がありました。渋々、1泊2日のリーダー研修に行くことに・・・。

 その時の受講者は私を含めて5人ほどだったと記憶しています。もともと「STEP勇気づけセミナー」は多くても10人程度で行うものですので、リーダー研修も少人数である事は予想していました。

 その時の研修担当はTさんで、そのTさんの話を聞き、研修を受け、自分が「わかってる。」と思っていたことが根底か覆されました。全然解っていない自分に気づくとともに、「STEP勇気づけセミナー」の奥の深さを知り、本当に叩きのめされた感がありました。「わかってる。」は「わかってない。」なのです。(Tさんは凄い人です。私は恩人であり師匠と思っています。)

 「わかってる。」と思ったら、それ以上、それについて学ぼうという意思は消えます。「わかってる。」と思っていることについて、間違っていたり知識不足だったりすることを知るのが怖いのです。自信がある事だから、他から色々言われたくないし聞きたくない。それで自信を喪失したくないからです。

 むしろ「わかってる。」と思っていることこそ、色々な人から話を聞き学ぶ必要があるのです。それは、「わかっている。」ということを言い訳に学ぶことをやめている自分を知り、「わかっている。」ことを本当の自分の強みにするためです。

 自信は大切ですが、自信過剰は命とりです。

 物事を極めようとしている人は「わかってる。」とは絶対言わないはずです。

 「わかってる。」という壁をつくり、成長を止めてはいけません。常に“未熟な自分”と向き合って自分を高めたいものです。


コメント(0) 

人は立ち上がる度に成長する [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 公立高校の選抜方法で「神奈川方式」という制度があった。

 今は廃止されているのだが、中学2年生時に行われるアチーブメントテスト(ア・テスト)の結果が、県立高校の合否判定に25%関わっていた。さらに、中学2年生の内申点(学校の成績)も判定に使われたため、中学3年生になった時には40%以上が決まっていた。中学3年生の内申点が決定すると、本番の入試前に70%ほど決まっていたと思う。

 当時私は神奈川県でも授業をしていたので、子供達からは「先生に××高校には絶対受からないと言われた。」とか、「先生に○○高校を受けなさいと言われた。」、「うちの中学で今まで◇◇高校を受験して落ちた人がいないんだって。」と言う話を聞いた。

 完全に輪切り状態で、ア・テストと中2の内申点で受験する県立高校が決められていたと言っても言い過ぎではないと思う。公立中学の先生はア・テストの結果の良い生徒から順に並べて、受験校を割り振っていたのではないかと思う。違っていたら、申し訳ないがそうとしか考えられない。

 以前の神奈川県の県立高校入試は、結果がわかっている高校入試だった。

 当時私は神奈川県の某教室を任されており、中学3年生のやる気を促す試みをするのだが、結果がわかっていては頑張る気にならないのは当然のこと。やる気を出す試みもしたのだがどうにもならなかった。受験後に起こる『成長』と言う化学反応が、神奈川県の受験生に起こることはほとんど無かった。

 それに比べて結果がわからない受験をしていた東京都の受験生たちは、合格できるかどうかわからない志望校を目指し、頑張ることで成長して行く姿は逞しく感じたものだ。


 人生は結果がわからない。だから人は頑張れる。

 失敗しても立ち上がれるのは、次の結果がわからないからだ。そして立ち上がる度に人は強くなっていく。諦めずに頑張り続けことが成功を呼び込む。

 成功の法則は成功するまで諦めないことだ。


 諦めずに頑張るから人は成長する。

 できない理由探し諦めていない振りをしたり、言い訳をして頑張らないことを正当化したりしてはいけない。

 できなくても失敗しても構わない。
 
 できない理由探しや言い訳をしている暇があるなら、今を一生懸命生きることだ。

 目の前の結果より大切なものがある。

コメント(0) 

世の中に“無駄”なものは無い!? [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 私は世の中に“無駄”なものは無いと思う。

 いや、正確に言うと“無駄”と思うことでも意味があり、それらは別の形で活かせると思う。


 今、いぶき学院もお休みを本日(8/17)までいただいているが、この休みの期間を“無駄”にならないように、有意義に過ごせるようにと考えて休みに入るがそうは上手く行かない。終わってみると、無計画に過ごしてしまい“無駄”に時が過ぎたと思ってしまう。

 しかし、過ぎたことをあれこれ考え「失敗した」と思ったら辛くなる。だから、その“無駄”と思う時間が有意義だと考えたい。ゆっくり時間を使えたし、仕事のことも少しばかり忘れることもできた。

 そして“無駄”なことから自分なりに考え得ることもあった。決して“無駄”ではない。


 凄く忙しい時、効率良く仕事をしていかないと事がうまく運ばない。息つく間もなく働いていると、気持ちにも余裕が無くなり細かな配慮や気遣いが難しくなる。すると結果的に仕事は終わっても何か釈然としない気持ちが残る。

 やはり、ゆとりや遊びが必要だ。それがあって全てが上手く行く。そのゆとりや遊びは“無駄”ではないと思う。


 話が支離滅裂になってしまうが、“無駄”なことは有ると思う。これも正確に言うと“無駄”だと思ったら本当に“無駄”なのだ。

 “無駄”をつくるのは自分自身であり、“無駄”を“学び”に変えるのも自分自身だと思う。

 色々な“無駄”、お金、時間、努力・・・。これらを無くすためには、目的を考えることだと思う。お金の使い道、時間の使い方、努力の方向性だ。これらが明確ならば“無駄”なものは無くなるはずだ。

 受験も同じで、“無駄”な努力になるかならないかは合否ではなく、目的を持って受験できるかどうかだ。目的を持ち然るべき努力をしたならば、結果はどうあれ未来の自分にプラスになる。受験に真剣に向き合い最善を尽くすことが大事だと思う。

 “無駄”とするか“学び”とするかは自分次第なのだ。

 結局、世の中に“無駄”なものは無いと思う。


コメント(0) 

伸びる人、伸びない人②  “わかってる”子は伸びない [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 親が話をしようとすると、「わかってるよ!」と言って話を聞かないケースがあります。これは、「本当にわかっている。」と思って言うこともあると思いますが、話を遮断する目的、「うるさいな、わかったから黙っててよ。」と言うことも少なくないと思います。それも別の意味で問題がありますが、ここでは「私は、それについて理解しています。」という意味で使うケースを取りあげてみようと思います。

 私は基本的に学校より先に進めているのですが、学校が先行するケースがあります。学校が先行しても、切り口を変えれば新しいこととして授業はできますし、理由を突き詰めていくことはできますので授業を行うこと自体に問題は有りません。

 もちろん復習の授業として考えれば、学習した内容を再び学ぶことについては悪いことではありません。

 ところが、稀に「もう学校でやったから、わかってる。」と思ってしまい、話を聞かなくなる子がいます。その子達の多くは勉強が苦手で、理由よりも正解を優先する傾向が強い子たちです。

 だからこそ尚更、しっかり話を聞いて考えて理由を説明できるようになってもらいたいのです。

 逆に塾で先に学習した内容を「わかってる。」とならずに学校の授業を、しっかりと聞くことが重要である事は言うまでも有りません。

 私立中に通う中1,2年生の問い合わせが多くなっています。

 勉強が伸び悩んでいるからです。その一番多い原因は中学受験勉強が暗記型だったことです。

 合格を目的とした学習のため、公式やテクニックの暗記、解き方への執着が問題です。

 もちろん、いぶき学院では中学受験から大学受験まで、できればいいという指導方針はありません。合格実績を掲げると合格させるために、手っ取り早い方法に走ってしまうのです。そのような指導を受けた子達は、正解が出たことを「わかった。」と勘違いしています。

 「縦が5㎝、横が6㎝の長方形の面積はいくつ?」→「6㎠」
 「どうして?」→「縦かける横だから」
 「どうして?」→「公式だから。」では説明になりません。

 正解の出し方が「わかった。」子達は、理由を考える必要も、それ以上話を聞く必要もないのです。

 正解を得ても「わかった。」と思っていない子達は、理由を考えようとするし、話も聞こうとします。だから伸びるのです。そして将来の可能性は広まります。


コメント(0) 
前の6件 | -