So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自分の目で“盗んだ”ものは絶対に忘れない [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

自分の目で“盗んだ”ものは絶対に忘れない

 プロ野球で活躍した某選手の記事の中で、「教えられたものは忘れてしまうことがありますが、自分の目で“盗んだ”ものは絶対に忘れません。」と言っているのを目にしました。

職人や料理人の世界などに弟子入りすると、教えてもらえず自分で先輩の技術を盗んで自分の腕を磨くという話を良く耳にします。そのような研修(教育・指導)をされている方もいらっしゃると思いますが、全てにおいて何でも教えることが主流になっている気がします。

 たとえば、料理人が先輩から教わり、その店の味を出せたとしても本物の味と言えるでしょうか。教わらないで、自分なりに研究と実験を重ね失敗の中からたどり着いたその店の味ならば、その味の本質を身に着けたことになると思います。文字や言葉でやり方を教え、それを覚えて出した味には本質はありません。結果的に同じ味になるとしても、自分で「これだ!」と見つけ出した味はその店の味であるとともに、その人のものとなった味であると思います。そこにたどり着くためにはもちろん、周りからヒントをもらったりするかもしれませんが、本質的な部分は自分で見つけるしかないのだと思います。

 先生が話したこと、解説に書いてあることを聞いてその通りにやることは、“真似”であって、“学び”ではないと思います。

我々は「いかに教えないか」ということを考えて授業をしています。それは勉強の芯の部分、問題の本質的なところは本人たちに気づいて欲しいからです。教えるだけなら時間もかからず楽に授業はできますし、子供達も教えてもらえれば、“その場では楽にできる”のです。しかし、すぐにそれらは忘れ去っていく先生の“真似”にすぎません。

 “学ぶ”ためには、答えを出すということはただの目標であって、そこに行きつくための道程が大切であることを忘れてはいけません。特に『みる』ことは重要です。先輩の技をみる。味をみる。患者をみる。問題をみる。みることが「これだ!」、「そうか!」、「わかった!」につながるのではないでしょうか。

 「自分の目で盗んだものは絶対に忘れない」その通りだと私は思います。 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。