So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勉強大嫌いⅤ 「楽になるために人は行動を変えられる・楽しいことは継続できる」 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 今やっていることが辛いことでも、未来の夢を叶えるためには辛抱できる。苦しいことでも、未来を信じて我慢できる。そして、辛抱して我慢して諦めなかった人だけが辿り着くものを夢と言うのかもしれません。

 本来勉強は人の好奇心や知識欲から学ぼうという気持ちが湧き、自ら勉強していくもののはずです。しかし、受験勉強ではその学ぶことの本質を蔑にしていることがあるかもしれません。

 受験勉強だと、どうしても受験へ向けての学習計画もあり、受験に出ない部分は割愛せざるを得なかったり、考えさせる時間を長く取れなかったりすることがあります。

 以前、高校受験生(中3生)に「銅は加熱すると酸化銅になるのに、酸化銀は加熱すると銀になるのはどうしてですか」と質問されました。すごく不思議ですよね。すごくいい質問ですよね。質問した子は素晴らしいです。でも、それは高校受験では不要なものなのです。

 好奇心や知識欲が満たされないと、本当は楽しいはずの勉強が辛く苦しいものとなってしまうのです。それでは勉強が好きになれるはずもなく、勉強をやろうという気も起きないのは無理も有りません。

 逆に楽しければ、どんな難しい話でも子供たちは一生懸命に聞いてくれます。そして、真剣に考え結論を導き出そうと頑張るのです。

 いぶき学院の小学生の非受験クラスの子たちは、好奇心が旺盛です。
 受験(テスト)に出るとか出ないとか、大切だとか、後で困るとか関係なしに、面白いこと、興味がある事に食いついてきます。それが中学内容でも高校や時には大学の内容でも、一生懸命に考えます。
 中学受験をしない子たちは学校の学習内容を充分学習する余裕があり、授業は楽しく進めていくことが可能なのです。
 一緒に考えて、友達の考えを聞いて、自分の考えを発表して、再びみんなで考えていく。自分たちで学ぶ楽しさが生まれるのです。
 その中で興味があることや疑問に思うことを、小学生の範囲を超えて質問してきますから、「なぜ」、「どうして」をある程度のレベルまで引き上げることが可能になるのです。

 同様に、受験勉強でも楽しくできるならば継続して頑張れるはずなのです。

つづく

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。