So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勉強ができるようにならないのは… [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 「こんな勉強をしても大人になって使わない」と言う人がいるが、そもそも学校の勉強は大人になって使うためにやるのではない。勉強をする事や勉強を頑張る事に意義がある。それにより人間力を高められるからだ。そして、直接的に使わない勉強でも、そこからの気づきや発見が将来役に立つのだ。

 だからこそ、答を出すとか、良い点数を取るとか、良い成績を取るとかが将来重要な事ではない。「でもそれでは志望校に合格できないのではないか?」と思うかもしれないが、そこを第一に考えない方が結果は良くなる。急がば回れでそこを急ぐことで取り返しのつかないことが起きてしまう。

① 「わからなければ覚えてしまえ」に先はない。思考を止めて記憶に切り替えることになります。その後は全て記憶に頼ることになり、全て記憶できない事は当然なので、応用力もなく学力はつかない。「暗記教科」は存在しないのだ。

② 「公式を覚えて代入する」は覚えてしまえと同様の事が言える。もし公式を覚えて活用するならば、公式を導けるようにすることと、公式の意味を理解することが重要だ。そして、何のための公式であるかという公式の目的もわかっていないと、使い方を誤る。

③ 「試験前は頑張る」のは当然だが、学力をつけようとしたならば普段の授業が重要で、授業中にどれだけ集中して理解できるかが勝負だ。家に帰ってわからないところを復習するのではなく、わかっているところを復習する人が伸びる。家庭学習では理解を深めるための復習と単語や漢字、語句を理解した事に合わせて身に付けるようにするのだ。

④ 「わからないところを教えてもらう」ことは少しすっきりするかもしれないが、学力はつかない。わからないところを考え直すこと、わからないことの理解することならば良い。教えてもらう場合に他人のやり方を覚える形になる事が危険だ。なぜならそこに理解は無いからだ。

⑤ 「わからなくなったから頑張る」人は次へのステップに遅れてしまう事になる。頑張る人は、わからなくなってしまって今頑張っている場合と、わからなくならないために今頑張っている人に分類できる。どうせ頑張るなら、後始末より準備である。

結果を急がず、今やっていることをきっちりとやり遂げることで、目標達成を目指すこと。目の前の結果にとらわれず、先々困らないように、本当に頑張る時のために学習の抜けをつくらないことである。

勉強ができるようになる人と、ならない人の差は紙一重である。しかし、その差は時が経つにつれ大きな差となっていくのだ。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。