So-net無料ブログ作成

「受験は合格か不合格になるけれど…」 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 中学受験、高校受験、大学受験、受験はその学校に入学できる力を試すためのものです。

 したがって、受験生は合格者と不合格者に必ず分かれます。それほど勉強をしなくても合格できる人もいますし、本当に一生懸命勉強しても不合格になる人もいます。

 少なくとも模擬試験で合格ライン前後の人は、受けてみないと結果はわかりません。受験生はどれだけ努力しても模擬テストで合格圏に入っていても、必ず合格者と不合格者に分かれるのです。

 しかし、“全員合格する”ことは無くても、“全員頑張る”ことは可能です。受験が終わった後で、自分自身をほめてあげることはできるはずです。「私は誰が何と言おうと頑張った」と。

 結果はどうあれ、人は目標を持って頑張る過程で力をつけて、その結果を受け入れることで強くなり、前に出ることで成長していくのです。

 我々は受験生全員が「誰が何と言おうと頑張った」と言える受験を目指します。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。