So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中学受験と志望校 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 中学校(公立中高一貫校、私立中学)を受験では、小学校で学ばない内容や高難易度の問題が出題され、小学校の学習だけでは合格が困難な中学校は少なくありません。従って、学習塾や家庭教師による受験指導が必要になってくるわけです。

 しかし、小学校の学習をしっかりやっていれば合格できる私立中学も多くあります。「そのような中学校では先々の大学受験で不安を感じる」かもしれませんが、実際にはそうでもありません。基礎基本がしっかりできている子ならば、中学入学後いくらでも学力は伸びるものです。そして伸ばしてくれる私立中は沢山あります。

 逆に、丸暗記で詰め込んでテクニックを学び、ある程度の中学校に合格したとして、その後どうなってしまうのでしょうか?大学受験はどうでしょう。楽しい6年間となるでしょうか。

 楽しく通い、人間性豊かに育て、学力もつく6年間にしたいものです。だから、志望校を名前で選ぶことには問題があります。その子に合う学校、その子にとっての一番校は一人ひとり異なるはずです。合格実績が欲しいが故名前で選んで受験させる学習塾もあります。私の知り合いの娘さんも、「第一志望に合格しているのに、別の学校も受けるように塾に言われた」そうです。

 行きたくない学校を受験させることは我々(いぶき学院)にはできません。それは、その子の未来にとってプラスにならないからです。

 「自分で決めた(選んだ)学校に合格はしたが、思っていたような学校ではなかった。」ということもあります。でも、受験する時は入りたかった学校、少なくとも自分で決めた学校であることには確かです。まず、そこで精一杯やることが大切です。自分の決断を受け止めることを学ぶ良い機会だからです。そして、最後まで頑張って卒業することを目標としたいです。しかし、時に本当に辛くなることも当然あります。耐えられない状況は本人しか分かりません。その場合は信頼できる人に相談して、別の道を模索することです。

 中学受験はどうしても親主導で学校を選ぶことが多くなります。しかし、最後に「行きたい学校」を決めるのは本人です。親でも塾でもありません。

 そして受験の結果、通うことになった中学が本人にとって最も良い学校なのです。

コメント(0) 

途中式の話 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 数学の計算。「うっかりミス」、「ちょっとしたミス」、「勘違い」と、「本当はわかっていた」問題で点数を落とします。 そのミスを無くす一番の方法は、“途中式を入れる”ことです。

間違いに気づかないのは、ここまでくれば大丈夫という油断や、簡単な問題だと決めつけ集中力を欠くこと、急いで出そうと雑になることが原因として考えられます。

 そもそも、本人は合っていると思っているのですから、解答を見直そうという気になりません。そのまま、時間が経ち試験終了。答案が帰ってきて、あり得ないミスを嘆くということになります。

 進級や受験に影響のあるテストでは、1問のミスが成績を左右することも少なくありません。と言うことは、そのミスで進級できなかったり、推薦が取れなかったり、志望校に合格できなかったりすることも考えられます。

 つまり、「うっかりミスが人生を変えてしまう」ことになるのです。大げさかもしれませんが、入試では同等の実力のある人たちが同じ試験を受けるため、殆ど差が無く合格ライン前後に多くの受験生がひしめき合うのは当然です。「あと1問合っていれば…」と言うことが起きるのは当然です。

 だからこそ、“途中式を入れる”ことが大切なのです。
計算では絶対に抜かしてはいけない途中式があり、その式を必ず経由して答えを出すことになります。
そして、そこに行き着くまでと、そこから答を出すまでの途中式も抜かさず書くと、極めて正解となる確率が高くなります。

 「途中式の書き方が解らない」と言う人がいますが、途中式とは前の式から1つだけ簡単にした式を言います。前の式から2つ3つと簡単にした式を書くことを途中式を抜かすと言います。例えば帯分数で割る計算の場合、仮分数に直して逆数をかける式をつくることは、途中式を抜かしています。まず、仮分数に直した式を書き、次に逆数を書ける式を書くのです。

 ここでは、計算の途中式の話をしましたが、人間の生活でも同じことが言えると思います。油断や決めつけ、物事を雑に扱うことで取り返しのつかない事が起きることがあります。人生でも途中式は大切なのです。
普段から途中式を入れる癖をつけるのは計算だけの話では無く、全ての事にも通じることなのです。「急がば回れ」、「急いては事を仕損ずる」です。

 どななことでも“途中式をもう1行”入れてみると良いことがあるかもしれません。


コメント(0) 

何度言ってもできない子③ [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 中学生の理科の「湿度」の計算で・・・

 いきなり公式与えられて「湿度を求めなさい」と言われる。解らないけど公式に数字を当てはめて計算する。丸をもらう。正解を得られたので、「湿度」の意味は解らないけど公式を覚えて、数字を当てはめて計算し続ける。はたしてこれを学びと言っていいのでしょうか。

 「よく解らないけど少し計算はできる」という子は、全く解っていないと言っていいでしょう。全く解っていない子でも0点にならないのがテストです。やり方(公式)さえ覚えて多少練習をすれば、試験で平均点前後は取れます。でも解っていないのです。

 そのような子たちは2グループに分類されます。第1のグループは、「これでいい」、「なんとかなった」、「問題ない」、「平均より上だ」、「自分よりできない子がいる」と言う子達です。

 このグループの子は危険です。大げさかもしれませんが、全ての事に関して一生そのようにして生きていく可能性もあります。つまり、その時が良ければそれでOKという考え方です。自分に対しても他人に対しても同じように考えてしまいますから、向上心や協調性もなく、もちろん他人への感謝の気持ちも生まれませんから感謝されません。

 第2グループは、「答は出るけれど納得できない」、「良く解っていない」と自分が理解していない事を自覚し、理解したいと考える子達です。

 このグループの子は上手く行かない事があっても前向きに捉え、自分を見失わず困難な事も乗り越えていけると思います。

 だからこそ、子供達を結果で評価(判断)せず、頑張った過程を評価してあげたいものです。

 試験があって答案が帰って来る前に親は、我が子が頑張っていたと思うなら、「今回は良く頑張ったね。お父さんは嬉しかったよ。」と素直に言ってあげて良いはずです。とても頑張ったと思えないならばそれは言えません。戻ってきた試験を見せられた時に、「自分としては満足している?」とか「どう思う?」と聞いてあげる事でしょう。

 親が自分の基準で評価することは良い方向に進みません。全ては未来に通じます。未来のために大切な事はけぃかではなく過程、本人の想いなのです。結果は受け止めるもの。次につながる学びになることを子が知ったなら、その子の成長は一生です。


コメント(0) 

中学受験と受験理由 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 以前、「区立中に行きたくないから私立中を受験する」という話を聞いたことがあります。また、「学区が廃止されて、区立中を選べるようにならなかったら区立中に行かなかった」とも。

 私立中受験の理由が「区立中に行きたくないから」では、あまりにも寂しすぎます。学校では真面目に授業を受けていない子でも、いぶきに来ると真面目に勉強をします。それを考えると、子供たちがやる気がないわけではないし、不真面目なわけでもないと気づきます。

 いぶきで学習する時と同じように学校でも振舞えないかと考え、いぶきだけではなく、どこでも頑張れる子を目指して指導を継続しています。勉強に直接関係がないことでも人として大切なこと将来役に立つことも伝え、勉強や受験を通して人間的に成長できるよう活動しています。

 塾に来ている時だけ良い子で、他で人に迷惑をかけたり、努力を怠ったりしていては意味がありません。

 志望校に合格するために勉強をして、合格した後勉強が分からなくなったり、楽しくなかったり、学校を辞めたりすることは避けたいことです。

 塾での良い影響を他でも発揮して頑張れるよう、結果が出た後でそれを糧として前に進めるようにしたいものです。子供たちの未来の生活を豊かにできれば、日本が良くなり皆幸せになれるのではないでしょうか。

 そのために、いぶき学院は存在しています。だからなくてはならない学習塾だと私は思っています。

 さらに、いぶき学院だけではなく近隣の学習塾や学校も巻き込み、子供の奪い合いという土俵から降りて、みんなで地元の教育を改善し子供達と日本の未来のために活動しているのが、大井町から教育を考える会(OKK)なのです。

 OKKの春期定例会で「区立中も凄く良いけど、あの私立も良いなぁ」を目指すことを確認しました。

 中学受験の理由は「行きたい学校がある」からです。

コメント(0) 

何度言ってもできない子② [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

何度言ってもできない子に対しては、まずできない理由を見つけ出すことが必要です。

自分自身で考え理解しようとしている子には、1つの事を色々な切り口から話をしていきます。それは、できない理由が、やる気が無いことや教えてもらおう(考えない)という理由ではないからです。

切り口を変えるというのは、身近な事から考えさせたり、具体例を挙げたり、図や表を書いたり、前の単元や基本に戻るということも有ります。

それに対して、自分自身で考えず教えてもらおうという子は厄介です。それは、教えるとその場ではできてしまうからです。できてしまうということは、指導する人間が本当は解っていないことに気づかないこと起きます。したがって、指導者は本当に分かっているかどうかをチェックすることが重要です。同じ問題をやらせても出来てしまうので意味がないので、少しだけ異なる問題をやらせたり、理由を聞いたりすることでチェックをします。

このような子は「できれば良い」、「答が合っていればいい」、「やり方がわかれば良い」、「わからなければ覚えれば良い」等と考えていたり、「答が合っている=理解している」とか「やり方を覚えることが勉強だ」と勘違いしていたりする場合があります。全くやる気が無いわけではありませんし、人によっては凄くやる気のある子もいますが、試験での結果は良いものにはなりません。

「答を出すこと」や「答が合っていること」よりも、「考えること」や「理由を説明できること」の方が大切であることに気づく必要があります。

小学生には、理由を考えさせたり説明させたりし、式やそこにたどり着くまでの過程に目を向けて「それは素晴らしいことだ」と受け止めるようにしています。

中学生くらいになってくると、価値観が固まってくることや結果を捨てる不安感などから、結果より過程を重視する考えに移行することが難しくなります。

しかし、時間はかかりますが、丁寧に過程の重要さを伝えることや、過程重視によってもたらす結果を体験させることで少しずつ変化がみられるようになります。

コメント(0) 

何度言ってもできない子① [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 自分で考えようとしないと、どんなことでも身に付きません。

自分自身の力で何とか成し遂げようとする人が、ヒントをもらい自分自身で気づき、教えを受けた時にその教えが自分のものとなるのです。

 自分で考えようとしない人、自分で何もやろうとしない人、何も成し遂げようとしない人、向上心の無い人、目的を持っていない人は、いくら素晴らしい指導を受けても身に付かず、その場限りのものとなってしまいます。

その場では恰好がついて、できるようになっていても身に付いていません。ですから、しばらくすると忘れてしまいできなくなります。

 その場限りの人ができるようになるためには、また教えてもらうことになります。しかし、その場限りなので、その時はできてもすぐにできなくなります。


何度も繰り返すうちに身に付くのは作業であり、そこに目的は有りません。目的があるとしたら、その作業ができるようになる事にすぎません。

本来、どんなことでもその先に大切なこと(本当の目的)があるはずです。今目の前にある事を身に付けることが、何に結びつくのかがわかって初めて、今やっている事が活きるのです。

コメント(0)